ちょこっと Happy time

沖縄ご飯編 「ちゃんや~」 とか

いつもお野菜をたくさん頂いているKさんが
腰痛で手術した。 畑仕事ができないので
「じゃがいもを掘りに来るか?」と
即!行きます!と言いたいところですが
同僚の手前 見栄を張って
「行くことが助かるなら行った方が嬉しいやろか?」
なんて言ってる自分がいる。
素直に行きます!新じゃが欲しい!と言えばいいのね~えへへ
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
沖縄の料理は好きですか?
食材がちょっとね~って思う方もいるよね~
今回は自分が好きな沖縄らしいものばかり食べてきました。

沖縄と言えば ソーキ蕎麦 
スキューバーの前に腹ごしらえの為に寄ったお店は
花村そば  恩納村字瀬良垣1063-1
店主が陶芸家なので器はすべて手作り
シーサーも手作りですよ~

20170520hanamurasoba2.jpg

5時間煮込んだスープ 深みがありますがあっさりしてます。
沖縄炊き込みご飯 ジューシーをつけてしまい お腹いっぱいです。

20170520hanamurasabo1.jpg

13時~3時間のマリンアクティビティを楽しんだ後は
お菓子御殿で 紅いもタルトなどいっぱい試食して 車で約1時間
お宿 ヒートウェーブに到着!洋風のとっても綺麗なお家です。
民宿なんで ドライヤーとかタオル 
洗面用具すべて持っていきましたが すべて揃ってました。
宿から3分
ご飯 その前に 並木を散策したり サンセットをみたり~

20170520bisefukugi1.jpg

お宿 ヒートウェーブさんから1分くらいフクギ並木を歩く

20170521cyanya6.jpg
今夜の夕ご飯 
「ちゃんや~」さんです。
20170520chnaya1.jpg

まずはオリオンビールでふう~
沖縄の名物いろいろ~
島らっきょが好きなので 特注です 笑

20170520chanya2.jpg

沖縄近海で取れた魚 名前は忘れましたが鯛の仲間
セイロ蒸しで頂きます。
とってもヘルシーなアグー豚は陶板焼きで

20170520chanya3.jpg

20170520chanya5.jpg

沖縄地元の新鮮な食材を使った美味しい料理
ちゃんや~さんの丁寧な説明も心地よく
お腹いっぱい 満足な気持ちになりました。

旅が良かったと思うのは 無事に帰宅が一番です。
そこに 人とつながりながら 
美味しいもの 美しいもの 知らない世界を知る
やっぱり旅はしなくちゃ!

ツアーでしか旅をしない姉も アクティブな妹の話を聞いて
一度シュノーケリングして 魚を見てみたいと言いました。
今度は姉も誘って 沖縄満喫しなくちゃ♡

スポンサーサイト

PageTop

お気に入りのカフェでのランチ

ハーブティンクチャーのレッスンが終わって
Y岡さんと N森さんとランチに行ってきました。
大阪から奈良県に引っ越ししてから
ずっと仲良くさせていただいているお二人
少し?だいぶ間がありましたが
久しぶりのランチであります。

平日は仕事ですので 
ランチ事情に詳しくないのですが
お店の決定権をいただきましたので
近くにある お気に入りのcafeにしました。
cafe’ de からん

私の通うcafe基準なんですが
・料理が美味しいこと
・料理の見た目がきれいなこと
・良い食材を使っていること
・お店が綺麗なこと
・おしゃれな雰囲気
‥を兼ね備えた洋風カフェが好きです。

みなさんは どんなお店が好きですか?

土日はプレートランチしかないのですが
とっても きれいに盛られておいしいです。
この日は ロースかつをメインにしました。
トマトスープもおいしいです。

20170514karan1.jpg

プラス200円で 抹茶あんみつ

20170514karan2.jpg

ティーはベリーのハーブティーにしました。
合計1,300円 

好きなお店の好きなお味でのランチ
久しぶりのママ友とのおしゃべり
仰天したり いいこと聞いたあ~とか刺激になりました。
では では
明日は沖縄に行ってきます。
梅雨とは知らずに 計画した 無知な私
天気も ちょっと怪しいです(苦笑)

では 良い一日を

PageTop

「空音」で大人女子会

先月近所にオープンしたアジアンレストラン「空音」
とっても 素敵な空間で 前回はランチでお味が気に入ったので
8/25(木)はディナーに行ってきました。
女子会合のメンバーは じゅんちゃん と のんちゃんです。

ビールで とりあえず その後はワインで

20160825kuon11111.jpg

このお店のワインは 店主が自分で試飲して
気に入ったもの仕入れ ワインセラーでちゃんと管理した品

お料理は中華なんですが どれも丁寧で味がすごく深い

鴨肉のサラダ

20160825kuon1.jpg

小籠包などの飲茶  スペアリブ 
20160825kuon11.jpg 20160825kuon111.jpg

深みのある麻婆豆腐  酢豚はライムソース
20160825kuon1111.jpg 20160825kuon1111111.jpg

どれも 味が深くて 調味料やスパイスが気になる
とってもおいしい料理でありました。
お値段もワインやビール飲んで 一人3200円
満足価格でありました。

大人女子 今回盛り上がった話しは
「子供へのお金の残し方」であります。
みんながすっきりするような分配の仕方と親の気持ち
じゅんちゃんが 
「水が流れるように 自分は自分の子供に流して
その子供は また自分の子供に流して
流れの逆流がないことや へんな期待を持たない事を
しっかり頭に入れておかないとね~」

うんうん!ほんまです。
でも 老後って どうなるんかな?
一人になった時 どう生きていくんかな?
先のことはどうなるかわかりませんが 
みんな通る道 自分の通る道
強く生きる準備をしないといけない時期でもあります。
「どうにかなるさ!」の精神が不安に負けているnanami☆でありますが
大人女子会のおしゃべりは しばし不安を忘れることができる時
滋味な料理で 癒されたディナーとなりました。

PageTop

静岡おでん 懐かしい味で

帰省して初日の夜は 学生時代の友人と会う。
今年は7月誕生日旅行の都合が合わずだったので
その旅行の打ち合わせも兼ねてます。

お店は 文ちゃんが予約してくれた 岡むら
古民家作りのお店が雰囲気がいいし
FBでのお店案内で静岡弁での「駐車場わかったっけ」と
「遠いとこありがとう
なんでもと言う癖 ずっと抜けきれないってことは
都会に憧れて出てしまったけど
やっぱり 静岡県を愛しているんだな~きっと 

20160812oden6.jpg

やっぱり 魚で育ったnanami☆ お造り最高っす♡

20160812oden2.jpg

で!懐かしい味 静岡おでん
やばいっすこの味 !涙

20160812oden4.jpg

静岡と言えば 黒はんぺん!そのフライ
鰯のすり身のねりものです。ちょっと独特ですが
子供の頃からの味に・・・涙

20160812oden3.jpg

なんで こんなに美味しいんでしょう!
気ごころおけない仲間と 故郷の味を堪能して
その足で ワインを飲みに
イタリアンレストランで イチジクのタルトをあてに
白ワインで かんぱ~い♡ うまいっす

20160812oden5.jpg

なんでも 美味しいと思える健康に友がいる。
友との旅も決まりました。
11月に 東京へ 赤坂迎賓館など行く予定です。

帰っても 待ってくれてる友がいることは
ほんまに嬉しくて 感謝感謝であります。

PageTop

大正亭のとんかつ

創業100年の精肉店「大正亭」 でとんかつ定食

帰省して駅に降りると 姉の顔
2016/08/12(金)のランチを姉と約束をしていた。
お蕎麦でも食べて 母の施設に行く予定です。

お蕎麦と思っていましたが 美味しいと聞いた
「大正亭」 のサイコロステーキを食べに行こう!ってことになり
懐かしい「大正亭」 に行きました。

静岡県藤枝市の大手に近くにあるお肉屋さんで
料亭としても有名だった創業100年の歴史のあるお店です。
高校生の部活の時 コロッケやかつ丼を食べたりしたかもですが
そんなに記憶がすごく薄いですが
店名だけは 懐かしく 故郷に帰ったなあ~と思う。

すごく 繁盛しているらしく 20分ほど待ってやっと案内され
姉はサイコロステーキで 自分はとんかつ定食
静岡は牛肉よりも すごく豚肉を食べる地
久しぶりに がっつり懐かしい味であります。

20160812tonkatu.jpg
とても柔らかいとんかつで カラッとしていて美味しい
創業者がすごく品質にこだわった方で
それが 引き継がれ 今は三代目さんがついでいる。
後で友達が三代目さんを知っていて
とても奥さん思いの方で 深~い話しを聞いた。

継続することはすごく難しい それが 100年も!
三代目さんのお人柄も聞いて
ますます この店繁盛して この先何代も続いていくだろうなあ~

かつ丼も美味しいらしいです。

その後 母の施設に行って 母とご対面
母は昔から ほんと笑顔の絶えない優しい人柄
いろんなことを 忘れてしまっているが
「ありがとう」「可愛いね~」と言葉が出ると
やっぱり 母みたいな 美しい言葉を発する人でありたいと思う。

亡き父は「山に行ってる」と愛する人をずっと思っていることも
母にはかなわない 最強母と手を握り
またね!と言って 施設を後にしました。
遠くに嫁いで 親孝行していないこと 
今日も 「ごめんね」であります。

PageTop