ちょこっと Happy time

アロマオイル

hanahanarogo5.png

オイルの効能を知り症状の緩和を考えてみましょう

症状別でもアロマオイルを選ぶことができます。
しかし 症状にこだわり過ぎてはいけません。。。
何より大切なことは リラックスできることです。
好きな香りを選んで 癒されることなのです。

気になる症状のアロマオイルをクリックすると
精油のプロフィールにリンクします。

リラックス    ラベンダー ベルガモット ゼラニウム

リフレッシュ   ローズマリー サイプレス スィートオレンジ

オリエンタル  フランキンセンス イランイラン シダーウッド

冷え性     ジンジャー レモングラス サイプレス

肩こり・筋肉痛 ローズマリー ジンジャー レモングラス

生理痛      ゼラニウム ベルガモット ラベンダー

呼吸器系    フランキンセンス サイプレス ホーリーフ

安眠       ベルガモット ラベンダー マジョラム

風邪       カユプテ ユーカリ ティートリー
便秘       ペパーミント ローズマリー ラベンダー

むくみ      グレープフルーツ ローズマリー ジュニパーベリー

スキンケア   フランキンセンス ローズマリー ゼラニウム

hanahanarogo5.png


スポンサーサイト

PageTop

ラベンダー

最も広く親しまれている香り
ラベンダーの草原は見ただけで心が癒されます。

20111105lavendar.jpg

学  名 : Lavandula officinalis
科  名 : シソ科
使用部位 : 花・葉

相性の良いエッセンシャルオイル(精油)
クローブ・パチュリー・ローズマリー・柑橘系・ユーカリなど

「万能精油」とも呼ばれる程に用途が広く
緊張や不安感を解して、気分をゆったりと落ち着かせてくれます。

頭痛、特に鋭い痛みに効果があり
鎮痛作用もありますので、風邪に効き、予防にもなります。 
殺菌力が強く、ニキビ、吹き出物、ブツブツなどに効果的です。

「アロマテラピー」という言葉を生み出した
化学者のガットフォセが、実験中にひどい火傷を負い
すぐにその手を薄めていないラベンダーの精油に浸すと
痛みがひき、跡形もなく治ったという話は有名な話です。

ラベンダー水は 
イギリスのチャールズ一世のマリア・ヘンリエッタ妃の
お気に入りの香水

肌着の入ったタンスにラベンダーを入れて虫除けにすることは
何百年も続いています。

ラベンダーは本当にすばらしい効能がありますね。


PageTop

イランイラン

「花の中の花」という意味を持つイランイラン
緊張感を解きほぐし多幸感を与えるほどの甘美さ
エキゾチックな香りにはリラックス作用や催淫作用があると言われ
セクシーな気分を高める効果もあります。

ylangylang.jpg

学  名 : Cananga odorata
科  名 : バンレイシ科
使用部位 : 花

 身体には
ホルモンのバランスを整える作用があるので生殖器系の障害に有効
月経不順や更年期障害の改善など まとめますと
消化器の感染症・血圧を下げる・過呼吸・頻脈・子宮の強壮
女性の不調全般の緩和・性欲を高める・冷感症、インポテンツ
に効果が期待できます。

 精神には
アドレナリンの分泌を抑制し、神経系をリラックスさせます。
心配事や不安、怒り、恐怖、ストレスなど
マイナスの面が強いときに元気を取り戻す感じで使うのもいいですね。

PageTop

ジュニパーベリー

ジュニパー?では聞いたことがないかもしれませんが
お酒のジンは知ってる方も多いでしょうか
そう!ジントニックなどのお酒ジンです。
ジンの特有な香りは ジュニパーなのです。
ヒノキ科の針葉樹で黒くて小さな実をつけます。
果皮を使ったオイルは新陳代謝を高めてくれます。
この効果から身体機能を高めて 身体を浄化し温めて整えます。

juniperberry.jpg

学  名 : uniperus communis
科  名 : ヒノキ科
使用部位 : 果皮

 身体には
殺菌・解毒・利尿作用に優れますからむくみも取ります。
膀胱炎、痛風、肝臓結石、老廃物除去に役立つと言われています。
心が鎮まり集中力を上げるのに効果的です。
筋肉痛や間接痛 月経痛などを緩和します。

 肌には
収れん作用を通じて 脂性肌 にきびを緩和します。

 精神には
頭脳明晰作用があり 意欲を促し集中力を高めます。

PageTop

ペパーミント

ガムや歯磨きなど香りづけに使われているペパーミント
さわやかなこの香りはお馴染みですね!
でも ミントの中でも非常に強い精油なので
量や濃度などに十分注意してください。

peparmint.jpg

学  名 :  Mentha piperita
科  名 :  シソ科
使用部位 :  葉と花の咲いた先端部分

 身体には
消化不良・吐き気や感染症時の室内清浄
風邪、インフルエンザ・感染症などによる発熱の緩和
頭痛、偏頭痛の緩和
膀胱炎・ねんざ、打撲・乗り物酔い
子宮の強壮・生理を起こさせる・月経痛など婦人にも効果があります。

 精神には
頭をすっきり明快にする・ストレス・リフレッシュ・時差ボケ

 肌には
肌を引き締め・かゆみ・水虫、虫刺され・脂性の肌と髪にも良いです。

私はミント風呂が好きです。
ミントを洗濯ネットに入れてバスタブに入れますと
爽やかで 身体も温まります。

PageTop