ちょこっと Happy time

マカオ歴史地区

マカオはカジノだけではありません!
22の歴史的建造物と8カ所の広場が「マカオ歴史市街地区」
としてユネスコ世界文化遺産に登録されています。

くだらない日常ばかり綴っていてマカオの紹介を怠っていました。
マカオの夜!
カジノに行く前には ライトアップされた歴史市街地区に行くべきです。

昼の聖ポール天主堂跡

20120117senado9.jpg

裏側を見ちゃうと あちゃ~!!!!って思いますが
この彫刻などは深い意味があり 歴史を紐解いてみると
マカオが日本人とすごく関わりある地であることも解り
おおっ~!!ってなります。

昼の聖ポール天主堂跡の前の広場はすごい人です。

20120117senado4.jpg

ポルトガルと中国と日本の文化が混じった街並
洋風に建物からのぞく昼の聖ポール天主堂跡もなかなかです。
いろんあ角度から いろんな楽しみ方ができます。
そこも マカオの魅力です。

20120117senado5.jpg

夜になると 皆さん カジノに行ってしまうのかな?
聖ポール天主堂跡近くのセナド広場付近はこんなにしっとりしてます。

20120117makai machinami1

20120117senado.jpg

波を形どった広場のタイルもステキ!
昼間に行きますとこの波模様も見えないくら人がいっぱいです。

20120114senado2.jpg

ポルトガル風のタイルもステキ!

20120114senaod3.jpg

旅って 人それぞれの楽しみ方がありますが
夜もめいっぱい楽しみたいnanami☆です。
昼と違った風景を感じる!
マカオの夜は カジノの前にマカオの街を楽しんでみようよ!
きっと 感動が生まれます。

この後!カジノを楽しむnanami☆なのでした。

スポンサーサイト

PageTop

大阪にカジノ

マカオ カジノホテルの写真をみてくださいませ(ぺこり) 
20120213kajino3.jpg

20120213kajino2.jpg

マカオのカジノは今や世界一になりました。
マカオで最初にアメリカンスタイルのカジノが導入された
Sands サンズ
20120213kajino1.jpg

10年程前に 総工費780億円くらいで建ったそうです。
でも 開店後 10ヶ月で元をとり返したそうです。
カジノって儲かるんですね~

なので マカオの市民は 高校まで学費0円 大学も近じか無料になるそうです。
医療費0円 税金0円 なんですよ~

一方 香港は消費税はないですがすべて実費なんです。
保険もないので 車で事故っても 保障がありません。
健康保険もないので 病気だってしてられません。
生活保護制度もないし 学校だって貧乏なら通うことができません。
 
同じ中国になったんですけど こんなに違うんですね。
マカオにはカジノがあるから 安心して暮らしていけるようです。

安心して子供を育てられる環境なんですよね。
そうなると 自然と子供も数も増えて 未来への子供たちの為に
また頑張ろう!って思うような気がします。

民主党の○山氏が打ち出した 子供手当ては何になったでしょうか?
働くnanami☆の税金は 子供たちの為になったのでしょうか?
金を渡して改善されたことがあったのかしら・・・疑問です。
ならば 商品券などにして 地域活性に役立てて欲しかったです。

で!単純なnanami☆は ○本大阪市長や○原都知事が
云ったように カジノを作って財政難を一気に克服しちゃうことは
夢でしょうか。。。。。なんて思う。

紙屋さんの御曹司が大金をマカオで失うなら
日本で落してくれた方が ましだったんじゃないの?なんて(笑)

日本にカジノができたら 少しは働き口も増えるし
世界中からのお客様を対応することになにより
国民がもっと ワールドワイドで活躍できるきっかけにも
なるんじゃないのかなあ~

国際的であって 日本の伝統が生きている国がいいなあ~

若い人がもっと 世界に出て活躍して
日本の良さを知って日本を自慢してほしい
マカオのカジノを見て感じたことでした。

PageTop

中国三大珍味

トラさんの 格安弾丸ツアー 39800円でしたが
料理アッププランしか空いてなくて 5000円アップ!
香港マダムが通う「王子飯店」の飲茶と高級中華料理が
料金アップの基準でありました。

ツアー!って嫌な半面 面白いことも多い!

このカップルはどんな関係だとか?
こんなツアーに息子(かっちょいい子だった)と母と来る?
お金持ちそうなのに この格安ツアーにくるのはなぜ?
ファッションとか 行動とか
人間ウォッチするだけでも 十分楽しめてしまう。
こんな自分もきっとウォッチングされているだろうけど(笑)

今回のツアー客には 
すごくリッチでゴージャスなおばあちゃんマダムがいた。
このマダムのおかげで バスの中もいつも楽しい雰囲気
香港で一番高級なホテルペニンシュラに38万円で泊まったことも
あり そこの高級チョコがうまい!と豪語する。
豪語するが とても嫌味がなくて
シルクのお店に行ったら 「買わされたあ~」と言って笑い嘆く!
とてもステキなマダムなのです。

ツアーの最後の食事は 中国三大珍味が出る!と噂されていた。
三大珍味はフカヒレ、アワビ、ツバメの巣
本当は 山伏茸!って言う人もいますが
このツアーは前者のフカヒレ、アワビ、ツバメの巣が出るらしい

フカヒレ!!! あちゃ~丸ごとじゃないのね
アワビ!!! しいたけよりちっこいからどっちがアワビ?
20120130fukahire11.jpg

調味料も出てきますが よくわからんので
青梗菜の湯がいたのに赤いソースをかけてみたり
まあ適当に食べていたのですが。。。。最終みたいだ。。。
まだ燕の巣が来ないな~なんでなんで???の内に

デザートが出てきた! 杏仁豆腐が固まらないのか・・・
シャボシャボじゃん!なんだこれは!!さすが中国。。。なんて思う。
20120130tubame1.jpg

お隣のシャネルのバッグを買っていた上品なマダムが
「燕の巣」って教えてくれた。はあ~こうやって食べるのね~(笑)
20120130tubame2.jpg

フカヒレは 少しお酢を入れると フカヒレのコラーゲンが
吸収しやすい!って あとで添乗員さんに聞きました。
あの赤いソースは赤酢でフカヒレスープにいれるものだった。。。
青梗菜にかけて食べたけど 腹の中で混じっているからいいとしよう(笑)

後で 豪傑マダムと一緒だったテーブルの方が
マダムが シイタケをアワビと間違えていたり!
燕の巣もやはり解からず 「出てこないあ~」と言ったり
燕の巣を スズメの巣!と言ったりしたらしいです。

「三大珍味なんてたいしたこと無かったなあ~」
なんて口に出したりした人も多かったけど
燕の巣も解かってない みんな似たりよったりのツアー仲間(こらっ!)

三大珍味 一度は話のネタで食すのはいいですが
別に食べなくてもいいかも(笑)
特に私は酒があれば ポテチでもいい女なの 

PageTop

香港 中国伝統花文字

香港・マカオの旅日記を綴っていますが
香港に行きましたら 是非この文字を描いてもらうと決めていました。

中国に伝わる花文字!
自分の名前を絵で表して その中に縁起の良い龍とかも
入れてくれるのです。

この詳細は ☆中国伝統花文字こちら☆ で見てね。
(あまり興味引く内容でもないのでここにも記載しておきます)

絵の中に 龍=権力・精力 鳥=幸福 小判=金運等など
この絵の中には七つの力が込められているんです。

20120129emoji1.png

娘が帰ってきて 香港・マカオのお土産を渡しのですが
この絵を見せたら なんかすごく興味を持った 
「欲しかった?」と聞くと 「うん!」と言った。
 あちゃ~ 意外な言葉に驚く母。。。。

私って 人を読めない奴です。
自分が絶対にいいと思っても その逆ばかりで落ち込む時が 結構ある。
娘にも 息子にも ありゃりゃ・・・なんて思うことも結構ある。
夫さんには こんな番狂わせがないですね~
いいこともでも 悪いことでも。。。。
大抵 もうっ~!!と苛立つ
すごく自分勝手な自分ですね!私って

この花文字から 自分の性格を顧みた2012/01/29(日)でした。 

PageTop

格安弾丸ツアー 香港・マカオ

大手旅行会社の トラさん!
安かろう!悪かろう!(こらっ!!)なんて思っていたんです。
でも このツアーはよかったです。

香港・マカオ4日間で帰りは機中泊の過酷なフライトの旅
実質3日で観光と食事を制覇しなくてはなりましぇん!
しかし 香港・マカオも小さい都市ですので 観光は十分です。
食事も5000円アップして奮発したせいか
香港マダムが通う 「王子飯店」や
フカヒレ・あわび・つばめの巣の三大珍味も食べれたのです。

また
香港・マカオツアーでもマカオに宿泊すると安いツアーが無いんです。
日帰りでマカオに行ったりするのが多い中
このツアーはマカオに泊まれる!夜カジノができる!のがうれしいです。

お値段なんと!39800円+5000円の44800円

満足な旅でしたが いろんな不満も交えて
私が感じた 香港・マカオの旅日記を公開しちゃお!なんて
適当にスルーして下さいね

20120117hongkongbus.jpg

20120117 senkou1

20121017 makaokajinoyakei

マカオ ポルトガルの香りがしますか?
20120117makai machinami1
 
香港はイギリスの植民地
マカオはポルトガルの植民地
西洋と中国 そして和文化が入った国の旅日記
よろしくです(ぺこり)

PageTop