ちょこっと Happy time

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

赤坂迎賓館本館参観許可されました!

7月の学生時代の友との お誕生日旅行が延期になって
11月に行くことになっていました。
今回の旅は 赤坂迎賓館をメインに東京観光
こちらの迎賓館は予約なくても一般公開していた夏
いざ確認してみると 10月11月は参観予定は無し(が~ん)
でも 10/16~4日間のみ本館の一般公開の募集をしていました。
なので その日に合わせて 日程変更です。
今日が抽選結果報告日でした。
くじ運が悪い私ですが 先着順だったのか 当選でした。

今 タッキー主演のドラマでも出てきます赤坂迎賓館
実際の煌びやかな雄姿はどんなのでしょうか?わくわくです。
ちょっと見てきますね~

20160914geihinkan1.jpg

迎賓館も素敵ですが 目黒雅叙園にも行くことにしました。
ここはジブリ映画 「千と千尋の神隠し」のモデルとなった建物
こちらも煌びやかな建築で すごく楽しめそうです。
丁度 假屋崎省吾氏の華展もあるので そちらも見てきますよ~
お花と建築の芸術のコラボ

20160914gajyen.jpg

楽しめそうでしょ~
気になっていた東京都庭園美術館も近いし
酒飲みですので 恵比寿ガーデンプレスに寄ってビール飲んでから
大好きな東京タワーをみて~
今回の旅!すごく楽しみですう~

今回の旅の当番はN香でしたが
nanami☆行きたいところばかり 「ここどう?」と
強要してる感じです・・笑
なんかね~私っていつも 観たい感じたいが旺盛であります・・笑
丹波のちよえちゃんは呆れているだろうな~笑


スポンサーサイト

PageTop

伊藤若冲と日本海溝より

東京美術館で開催されている
伊藤若冲の生誕300年を記念のした展覧会「若冲展」
「釈迦三尊像」「動植綵絵」が見れる機会です。
特に「動植綵絵」は皇室に献上されているため
今後 観れるのか・・・のとても貴重な展覧会

20160518jakucyu.jpg
都内でセレブ暮らしをしている 学生時代の友 H美
この展覧会に5/21(土)~行くので よろしく!って言うと
気持ちよく「任せて~H美の力をみせちゃる」などと言って
食事や夜な夜な遊びは お任せする。
伊豆からも A子が合流して 一緒にお泊りして楽しむ予定でした。
しかし 連休前にA子が急に行けなくなって・・・
なんか 力が抜けてしまったnanami☆
急いで シングルのお部屋も探して 予約したけど・・・
わんこが病気になって 治療費に高額支払ったことも重なり
連休後 やはり 気持ちが失せてしまった。
私の伊藤若冲熱はこれくらいのものだったのか・・・でありますが
H美に 素直に 金欠 気力減を話すと うんうん了解!と言ってくれた。

だけど 若冲観たいよ~・・・ 東京へ行きたいよ~
の気持ちが納まっていないnanami☆

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

熊本地震もどこが どうなっているんだろう?って思ってましたが
先日 関東でも地震があって 怖いと思ってしまう日本列島
で!どこが どうなって 地震が来るんだろう~
今日は グーグルアースを見ての 
日本は4つのプレートの境にあって 海の底はこんななのだ

20160518nihonkaikou.jpg

エベレスト級の海溝があると思うと 
この海溝がずれる どないなるんだろう?って怖くなる。
見えてない世界 をどう想像する?

伊藤若冲も 見たことが無い世界を絵にした人であります。
静岡県立美術館が所蔵する「樹花鳥獣図屏風」は
若冲がみたことも無い 動物や植物を描きだしたことも驚きますが
マス目に描く技法も 色彩も ほんとびっくりしてしまいます。

見たことのない世界を想像する。
日本海溝や若冲までは 到底無理でありますが
人に接する時や 人を思う事 
いろいろ想像してみないといけないなあ~って思う次第です。

結局 キャンセルしちゃって H美 ほんまにごめん
でも まだ迷う若冲展 
皆さま~ 24日までですよ~

PageTop

藤城清治「光のメルヘン展」と長寿のこと 

画家が長寿の秘訣を考えてみる

桜満開の奈良地方 2016/04/03(日)は生憎 曇り空
桜の優雅さも 私の写真では うまく表現できないですけど
奈良公園の桜はこちら

20160403sakura.jpg

奈良公園興福寺側の奈良県立美術館で開催している 
「藤城清治 光のメルヘン展」に行ってきました。 
20160403kagee1.jpg

切り絵 影絵って素晴らしいです。
展示の内容は 作家の思い入れがある作品も多かったのですが
90歳を超える人生を送られてきた藤城清治氏が体験し感じたことを
作品から知ることもできます。
奈良や万葉集を題材にした作品も素敵でした。

広島の原爆作品では 平和への祈り
東北大震災の作品では 未来への期待への祈り
すべての作品に 自然からの力のメッセージを感じます。
影絵の美しさを感じに行ってほしい展覧会ですよ♡

で!藤城清治氏は92歳のご長寿でありながら
まだまだ作品を手掛けています。
画家って すごく長寿の方が多いと思いませんか?
横山大観は90歳・葛飾北斎は89歳なんですよ~(驚)
他にも 昭和の時代に活躍した日本画家もご長寿は多し
先日亡くなった水木しげるも やなせたかしも長寿です。

一方で作家さんは宮沢賢治は37歳夏目漱石は49歳
また三島由紀夫は自ら命を絶ってて 意外と短命です。

記者の田辺 香さんがおっしゃっていましたが
画家と作家は頭も心も使い方が違うとは思う。
うちでは「画家はきれいなものを見ているから」長生きする説が浮上
たしかに画家は見たものをありのままに描くこともできるが、
作家は自分の中から生み出すしかない。
そこで行き詰まって、というのがあるのだろうか。
って言ってました。

なるほど~ やはり綺麗なものをみて 
笑顔になることがいいように思います。
ブログをされる皆さま 記事をアップする際のネタ探しで
綺麗なものや 好きなものをいっぱい見て
頭の中に 幸せホルモンを作っていきましょう~
そうすることで きっと 長生きできるかも♡


PageTop

藤城清治とととろ汁と山賊サラダ

心癒される影絵作品を描かれている藤城清治氏は
光の祈りの芸術作家 とも言われています。
作品はどれも 優しいし 心が和みます。
東京に住む甥っ子が チケットを送付してくれました。
奈良の県立美術館でする展覧会です。
チケットには カレンダーも入っていました。

20160331fujishiroseiji.jpg

甥っ子から プレゼントってすごく嬉しい。
こんなに離れた地でも 叔母さんを思い出してくれたかと思うと・・涙

甥っ子は 世界一周をした時 オーストラリアに住んでいた息子と
寄港した際 寄ってくれて 一緒に遊んだ仲であります。
なかなか 従弟でも 仲良くなれるには 縁が深くないとできません。
そんなことを思うと すごく嬉しい縁であります。

山芋で とろろを作ってみました。
とろろも 生ですから 酵素がいっぱいかな~なんて思いながら
味噌汁で溶いたとろろは 味噌パワーも摂れていいんじゃないかな~
と!一人ほくそ笑む・・うふふ
それと 山盛り野菜サラダは 山賊サラダと言ってみる♡

20160330tororo.jpg

甥っ子とかけて とろろと説く
その心は
どちらも なかなか切れそうで切れない!ねばりがある!
大喜利 あかんかな・・・あはは

PageTop

ステンドグラス美術館 in 掛川

学生時代の友人 ふみちゃんと N香と掛川城と
そこに隣接する今年6月に開館したステンドグラス美術館へ行ってきました。
お盆休みの1日目は友と一緒でした。

掛川城は山内一豊が在城していた天守閣の建立や城下町の
整備の指揮をおこなったそうです。
山内一豊は内助の功で有名なことで皆さん知ってると思います。
木造でできた城は 木の香りがして
有名な名城がありますが 一番いいなあ~って思う城であります。

20150812kakegawajyou1.jpg

掛川へは 最終的には江戸城を築城した太田道灌の一族・太田資俊(すけとし)が入城して
以後は明治維新まで7代続いた城です。
友人 ふみちゃんの家系はこの太田道灌が江戸や関東にお出かけの際
太田道灌が立ち寄る場所としてあったお家で
そこから何代も続いたお家の由緒正しき娘だったけど
学生時代も今も お嬢だったけど 気にしたことなかったわ・・あはは

二の丸御殿は 1861(文久元)年築で
地震により倒壊した御殿に代わって再建された書院造の建築
城主居室と政庁機能を有していました。現存する御殿建築は
二条城、川越城、高知城がほかに残るのみ。大変貴重な建築物です。
先月二条城に行きましたが 落ち着きある建築は二条城より落ち着きます。

二の丸美術館など 見学して ステンドグラス美術館へ
このステンドグラスは開業医さんのコレクションでできています。
フランスやイタリアで教会のステンドグラスをみてきましたが
どれも遠目でみた感じでしたが
こちらは 目の前でステンドグラスの芸術をみることができます。
「こんな風になっていたのか!」って 技術に驚きます。

ステンドグラス美術館HPの画像をお借りしてきました。
でも 生でみると 透き具合が半端なくて 是非生でみて欲しいです。

20150812sutendogurasu3.jpg

20150812sutendogurasu2.jpg

20150812sutendogurasu1.jpg

学芸員なのか?絵の意味やいろんなことを説明してもらって 
充実した拝観となりました。
なぜ こんな面倒なことをしたのか?とかも・・・笑

この三人の恒例 お揃いの記念品を買う!
ストラップを買ったのですが この説明も必要以上にして頂いて
うるさいおばたんでしたが 3人はめちゃ 満足です。

掛川市ステンドグラス美術館 と お城
めちゃ よかったです。
実家に帰っても 「一回行ってみて!」って薦めたくらいよかった
掛川城と美術館です。

掛川~焼津に戻って N香の予約してくれたお店で夕飯 
いっぱいおしゃべりして
「nanami☆はやっぱり情緒不安定だよ!」なんて友でしか言えない
つっこみも言われて  本音も聞いてもらい楽しい時間
帰りはN香の娘に 山奥のnanami☆の実家に送ってもらいました。
こんなで 帰省一日目は終了です。

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。