ちょこっと Happy time

ゆくいどぅくる cafe 黄果報 KUGAFU の      沖縄島野菜ランチ

沖縄島野菜がいっぱいの健康ランチ&
リラックスや安眠に効果があるとされる伝統ハーブ クワンソウのこと


関西国際空港を10分遅れの9:10に離陸した飛行機は
那覇空港に11時過ぎに着陸した。
手配していたレンタカーを借りて11時40分!出発です。

まずは ガジュマル森の「ガンガラーの谷」探検の前に
沖縄でのランチ 「Cafe黄果報KUGAFU」に行きました。
住所 南城市玉城字堀川738-1 メゾンあしとみ1F
カラダにやさしい沖縄家庭料理のお店であります。
那覇空港から30分くらいです。

20141004okinawayakuzen2.jpg

“島野菜を多くの人に食べてもらいたい”とのオーナーのメニューは
手間暇かけた沖縄の家庭料理が中心で
無農薬・有機栽培で育てた自家製の島野菜やハーブ
地元で採れる野菜や海藻類などを使っています。
「“安心・安全・健康”な料理」にこだわっている!ってとこが魅かれて
着いたらここに行こうと決めていました。
看板メニューの「黄果報膳」

20141004okinawayakuzen1.jpg

やんばる(沖縄本島北部地域一帯)の畜産業者から
取り寄せている豚肉を使って
じっくり煮込んだラフテーは、お箸でほぐれるほどすごくやわらかくて
上品な肉の脂身が味わえる品
娘が写メみて「食べたく無い」なんて言ったけど
豚の角煮とかはちょっと苦手ですが
このラフテーすごくすごく美味しいし 優しいお味!

島野菜がいっぱいの栄養バランスがいいランチは
飲み物も付いて1,100円です。
店内もすごく可愛いです。
手作りの雑貨もあって できるまでも楽しめます。

20141004okinawayakuzen3.jpg

で!ここでお漬物で登場した沖縄伝統野菜のクワンソウ(オレンジ色の方です)

20141004okinawayakuzen4.jpg

沖縄・八重山諸島では「ニーブイグサ」と呼ばれる野菜で
「ニーブイ」は沖縄・八重山諸島の方言で「眠り」を意味する言葉
沖縄では昔から睡眠導入やリラックスに効果があるといわれて
ゆでてゴマや味噌とあえたり、豚などの肉類と煮たり、
葉を乾燥させてお茶にして飲んだりするなど、
さまざまな形で沖縄の食生活に取り入れられて
寝つきの悪いときや疲れがたまっているときに食されてきたそうです。

名前を聞いても すぐ忘れちゃったのですが
2日目のホテルの朝市でこれが売っていて
またまた感動しちゃいました。

20141004okinawayakuzen5.jpg

ハーブ好きじゃなくても 沖縄らしく健康的な食材が好きな方は
「cafe 黄果報 KUGAFU 」に行ってみたらすごく感激すると思う。
沖縄はすごく独特な野菜で魅了されるのですが
その土地土地の風土に合った採り入れ方も素敵に思う。
男性陣はわからんけど
女性陣はみんな「美味しいし めずらしい食材だし良かったあ~」
って言ってもらって nanami☆はここが検索できて
こうして 健康的で美味しいお店にお邪魔できて
自分の知らないハーブにも出会えて すごく幸せっ!
旅って 知らないことに出会える幸せが多い
五感を素肌で感じて 沖縄の旅の始まりであります



スポンサーサイト

PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

異国情緒たっぷりで
とても見応えのある写真ですね!!
体調はよくなられましたか?

マルチ君の母 | URL | 2014/10/11 (Sat) 07:17 [編集]


おはよございます~

いいですね~~なんだか外国のようです。。
おいしそうだし。。器もステキ。。。

泡盛用に琉球ガラスの大きめのグラスがほしい。。
な~~んてずっと思っております(笑)

なんだか晩ごはんのレポが楽しみ~~♪

まう | URL | 2014/10/11 (Sat) 07:43 [編集]


こんにちは

沖縄は、南国特有のお野菜が色々ありますものね。
これも初めて見ます。
お花なんですよね?
東南アジア系のお野菜や果物も、沖縄では栽培していたりするので、地元料理はそれが堪能出来て、良いですよね。
豚肉、とっても美味しそう(^-^)
わたし、角煮とか大好きなので、喉がなっちゃいました。

カミさん | URL | 2014/10/11 (Sat) 19:04 [編集]


私は転勤族の子供だったので、まだ小さい頃に沖縄にも住んでいたんですよ~
那覇の公設市場の近くだったそうです。
でも、あまりにも幼かったのであまり覚えていないのが残念。
ムーンビーチとか遊びに行っていましたね~
その頃はどういうワケか缶詰のポークビーンズが大好きでした。
まだ返還されて間もなかったそうですが、いかにも・・・ですね

でも、若かった母は沖縄の独特の食文化が結構つらかったらしい・・・。

もし、また沖縄に住むことがあれば私は沖縄料理を習ってみたいです。

ラーダ・ドゥーナ | URL | 2014/10/12 (Sun) 00:14 [編集]


おひさしぶりです^^
もう浦島太郎状態でしたわ・・アハハ。。

先日秘密の県民ショー?だっけな・・・
あれで沖縄に食いついてしまいましたが
nanami☆さん行って来られたんですね?
不思議な食材がいっぱいで。。。

続きがあるのかなぁ。。
楽しみにしてますぅ。。

あーちゃん | URL | 2014/10/12 (Sun) 11:24 [編集]


うわぁ~沖縄だぁ~!!!
私たち夫婦は『沖縄』一度も足を踏み入れていませんです。
未知なる世界です。感激しまくりですわー。

しっかりメモしましたよー。
『「cafe 黄果報 KUGAFU 」に絶対行ってみますね。
そこで、nanami☆ちゃまの気配をくんくんしちゃいます。(笑)
とっても、ステキが多すぎて、マイルが消滅は勿体無いので今度行くのは、北海道か沖縄ときめているんですが、nanami☆ちゃまのリポートで即決しました。

私もハーブを感じ、美味しい食材に出会う沖縄に早く訪れた~~~~~い!

明日のご報告も楽しみです。
沖縄を満喫してくださいねー。

追伸:ご同行のみなさまにも、ヨロシクお伝えくださいねー。

ぴんくモッチー | URL | 2014/10/12 (Sun) 12:56 [編集]


Re: マルチ君のお母 さんへ

お返事が遅くなってしまいまして ごめんなさい。

異国ムードいっぱい!
やっぱり沖縄って好きなところなのでまた行きたいです。

で!風邪でみんなに迷惑かけながらの参加でした(えへへ)

nanami☆ | URL | 2014/10/13 (Mon) 09:01 [編集]


Re: まうさんへ

まうさん 返事が遅くなってごめんね~

食材が豊富な沖縄はまうさんにもすごく魅力な地だと思います。
お酒といい まうさんとも一緒に旅をしたいなあ~なんて思いましたです。
きっとまうさんなら私の感性を受け止めてくれそうだもん!
晩ごはんも沖縄満載でしたので また公開しますね~
コメントありがとう~

nanami☆ | URL | 2014/10/13 (Mon) 09:05 [編集]


Re: カミさんさんへ

お返事がおそくなってごめんなさい。

そう!沖縄はほんと食材が豊富!
台湾に近いけど 台湾みたいな香辛料を使わないので
すごく日本人が合う郷土料理だと思います。
角煮が好きなんですか~!
このラフテーってほろほろしてほんと食べやすかったです。
いいお肉で作るとこんなに違うのかな?なんて思いましたよ~
静岡も豚肉をよく食べますからきっと合うかも~
静岡空港からも飛行機が出てるようですので
沖縄の旅もいいと思うな~
コメントありがとう~

nanami☆ | URL | 2014/10/13 (Mon) 09:10 [編集]


Re: ラーダ・ドゥーナ さんへ

お返事が遅くなってごめんなさい。

まあ~沖縄にも住んでいたんですね。
お母様はちょっと苦労されたんですね。
こうしたちょっとした旅や
最近の食生活に合わせたものだから受け容れれる私たちですが
うんうん!転勤で毎日の暮らしが南国文化や食材だと
辛い気持ちもわかります。
で!沖縄に住んだら沖縄料理を!もそうですよね~
その土地に住んでこそ 料理や文化が活かされるのですから
それはすご納得です。
ラーダ・ドゥーナ さんも異国のイスラム圏はすごく大変だったと思います。
また そんなお話しも聞きたいです。
これからもよろしくう~

nanami☆ | URL | 2014/10/13 (Mon) 09:17 [編集]


Re: あーちゃんへ

あーちゃんもお元気そうで何よりです。

沖縄食もあーちゃんにはちょっとかもですね~
私が韓国料理がそんなにはまらない感じでしょうか(笑)
韓国の人もいっぱい来ていましたよ~
写真も撮ってあげたよ~
韓国人も好きな沖縄なので あーちゃんも行ってみてけろ!

nanami☆ | URL | 2014/10/13 (Mon) 09:21 [編集]


Re: ぴんくモッチー さんへ

ぴんくモッチー さん!お久です。
拝見しながらコメもできずにごめんちゃい!

マイレージがたまったなら!沖縄もいいですよ~
食も風景もすごくリゾート気分を味わえますから是非是非行ってみて~

cafe 黄果報 KUGAFUはパンもすごく美味しいので
是非美味しいパンも食べてきてね~

nanami☆ | URL | 2014/10/13 (Mon) 09:24 [編集]


 
 

トラックバックトラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)