ちょこっと Happy time

恩と言う字


今年のお施餓鬼供養は8/2の日曜日だった。
高速道路で約1時間のところにあるお寺に行ってきました。
今年はお参りの人がとても少ないように感じる。
どのお家も 高齢化 合理化(簡略化)されていく世の中
墓地や菩提寺がある地に馴染みのない子供たちに
仏事を引き継げるかが 悩みであります。
まだ 健康なうちに 10年程前に建てた墓も 終った方がいいのか・・・

この時期は またまた 「恩の字」

恩の字は因と心からできています。
因は原因の因ですから もと 元?基?素!の意味
もとを思う心が恩です。

因は四角に囲まれて人が大の字になっている様子です。
四角の上は  哺乳=両親 産んでくれたことを表します。
二角目の右は 衆生=生きているもので 野菜や肉もそうなります。
四角の下は  国=地や天皇を表しています。
一角目の左は 信仰=神や仏 良心など

お施餓鬼や お盆 この時期になると
恩=素を思う心をちょっと感じてみる私です。

お寺の後は 本家の伯父様宅へ伺います。
92歳で一人暮らしですが 頭も身体も元気な伯父様
先日は一人で 特急電車を乗り継いで 大阪難波のデパートに行き
お蕎麦を食べてきたとか!(すごいでしょ~)
その後 帰り方を道をたくさんの方に聞いていたら
70歳くらいのおばあさんに「カラオケに行こう」と誘われたらしい!
「何事も無くてよかったよ~」って言うと
「わしにも選ぶ権利があるさかい」だって・・・笑
おばあちゃんもおばあちゃんですが
92歳の伯父様も やるな~!!!!!!であります(笑)

そんな午前を過ごして 午後からは 孫くんのリュックを買いに大阪へ
孫くん 列車が大好き!模型場所から離れません。

20150802tetudoumokei.jpg

やっと 飽きたと思うと プラレール場所でも延々と黙々と遊び
「ケーキを食べるよ~」と釣って  大人は一息つく
見守り隊は なかなか疲れます。

20150802cake.jpg

結婚式帰りのパパが迎えに来て そのまま鳥取に帰った娘家族
こうした孫との楽しい時間も過ごさせてくれるのは
やはり いろんなことに恵まれたから
恩と言う字を 新たに心に刻んで感謝であります。

お施餓鬼について 追記に記してみました。

施餓鬼とは

私たちが亡くなりますと、仏教では因果応報と言われるように、
生前行った功徳の結果において、
次の世の六道世界に振り分けられると言います。

六道世界とは 地獄(ジゴク)餓鬼(ガキ)畜生(チクショウ) 
修羅(シュラ)人間(ニンゲン 天(テン) の6つの世界のことです。
餓鬼は地獄の一歩手前ですから ちょっと嫌ですよね

私達の先祖も もしかすると餓鬼道に落ちて
苦しんでいるかもしれません。
私達は凡人ですから、つい欲深い行いを知らず知らずの間のうちに行って、
その結果によって餓鬼道の世界に落ちて苦しむかもしれません。

そうした多くの人々を救うためには、
今生きている私達が、餓鬼道の世界で苦しんでいる人々の為に、
代わって善行を積んで、仏様の慈愛でもって、
餓鬼道の世界で苦しむ人々を極楽世界へと
導いてもらうということを、施餓鬼と言うんだそうです。

スポンサーサイト

PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

No title

恩という字・・・

四方に囲まれた場所で大の字になって寝転がっているようにも見えますね~

狭いところでは大将でも、外の世界に出てみれば上にはもっとすごい人がいた・・・みたいな

外に出てこそ分かる、人の恩・・・

な~んて



>私たちが亡くなりますと、仏教では因果応報と言われるように、
生前行った功徳の結果において、
次の世の六道世界に振り分けられると言います


子供のころ、久留米成田山によく祖父母たちとも出かけてました。
壁にはその教えが描かれていて、子供ながらに怖かったです。

今は「地獄」という絵本を親が買って子供に読んで聞かせているそうで、ベストセラーになりました。

悪いことしたらこんな世界に落とされるんだよ・・・という教育は必要だと思います。

幼いうちに・・・ね


ラーダ・ドゥーナ | URL | 2015/08/04 (Tue) 23:02 [編集]


No title

今、自分に起きていることは全て過去の記憶だそうで、ある意味ご先祖様が見せてくれていつのかもしれません。
良いことも悪いことも、だからそれを全て受け止め、全てに対して「ありがとう」と感謝するようにしています。
そうすれば、地獄を経験することもないのかなぁ(^^;
「恩」、そういう意味があったのですね。
勉強になりました、ありがとうございます。

BB | URL | 2015/08/05 (Wed) 07:37 [編集]


こんにちは

そちらは8月のお盆ですから、施餓鬼法要は今の時期なんですね。
今年はお寺のお手伝いをして施餓鬼法要を迎えましたので、お供えの作り方も独特のものがあるのでと、とても興味深かったです。
『恩』という字は、大好きな字です。
この時期、色々な恩を感じますね。

カミさん | URL | 2015/08/05 (Wed) 13:20 [編集]


No title

こんにちは~♪

施餓鬼早いですね^^
うちは7日です
毎年行ってたんですが今年はおっさんとおじさんに行ってもらいます
あたし仕事で遅くなるからね^^;
何かとお金もかかるし正直めんどくさいので(コラっ!)
早くトッととまつり終えたいです(笑)
あ、ちゃんとまつりますよ~(爆)

92歳のおじいさんの話
ほのぼのしてて嬉しいです♪
何もなくて・・・って( *´艸`)
あ、そういう何も・・じゃないのか?(笑)
いつまでも素敵な方なんですね☆
お元気でいて欲しいです(*^▽^*)

あーちゃん | URL | 2015/08/05 (Wed) 17:33 [編集]


Re: ラーダさんへ

> 狭いところでは大将でも、外の世界に出てみれば上にはもっとすごい人がいた・・・みたいな
> 外に出てこそ分かる、人の恩・・・

うんうん!さすがあ~ラーダさんは未来を見てるっていうか!
目線がやはり違うわ~
外に出れることもやはり今が守られているから出れて
上には上がいるな~って気づき
自分の素をちゃんとしていく!ってようになればいいですね。

私ももっと見えないものへの恐怖を大人が子どもに伝えていかないとあかんと思うの
ラーダさんは おじいちゃまやおばあさまがちゃんと
伝えていたのね。
とても 良い環境で育ったのね。

nanami☆ | URL | 2015/08/05 (Wed) 20:51 [編集]


Re: BB さんへ

BBさんはとても素直でいらしゃいますよね。
自分に起きていることは全て過去の記憶
ほんと その通りかもです。
やはり ちゃんと受け止めて
全てに対して「ありがとう」と感謝するように!
私もそうありたいと思います。
心のこもったコメントをありがとうございました。

nanami☆ | URL | 2015/08/05 (Wed) 20:55 [編集]


Re: カミさんさんへ

そうなんですう~
こちらは 8月がお盆です。
カミさんさんち方面は新暦なので もうゆっくりですね。

この時期は恩を感じて感謝していきたいですよね。
同じ気持ちで とてもうれしいコメでした。ありがとう~

nanami☆ | URL | 2015/08/05 (Wed) 20:58 [編集]


Re: あーちゃんへ

あーちゃんちはあと2日ですね~
旦那さまも若いのに嫌がらずに行ってくれるなんて~偉いよ~
でも なんやかや仏事って 御金もかかります。納得です。

92歳の伯父様 すごくいいでしょ~
まだ声をかけられるなんて~
そんな老後も楽しいよね。
100歳まで この調子でいってほしいです。

コメントありがとう~

nanami☆ | URL | 2015/08/05 (Wed) 21:02 [編集]


No title

伯父様 すばらしい!!
なんともユーモラスな返しに
さすが関西なのかなって思いました

施餓鬼供養
祖母がしていたことを思い出しました・・・・

最近は身の回りでは耳にしない言葉だなと思います

誕生日のお祝いありがとうございました!!
とても嬉しかったです
いい年してですが(汗

マルチ君の母 | URL | 2015/08/05 (Wed) 21:07 [編集]


Re: マルチ君のお母さんへ

伯父ですが こうした面白いことを言えるのも
92歳でも しゃきっとしてるから
私もユーモラスなおばあちゃんになりたいです。

施餓鬼供養 お母様がしていたのね~
神事や仏事とか 家族の一人がちゃんとしていると
その精神は受け継がれるみたいです。
絶やさないようにしたいものですね。

nanami☆ | URL | 2015/08/06 (Thu) 07:34 [編集]


 
 

トラックバックトラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)