ちょこっと Happy time

「ディオールと私」観た映画

年末に観たかった映画をまとめてみました。
一つ目は 「ディオールと私」

20151229dior.jpg

パリコレ!オートクチュールなんて全く関係ない私ですが
美しい画像も素晴らしかったです.
舞台の表裏をみて 溜息がでます。(いろんな面で)

プレッシャーにさらされるファッション界の日常
クリスチャン ディオールの伝説をつなげるアトリエのお針子さん
お針子さんって言っても 桁が違う!
かっこよくて 自分の仕事に自信を持って 
妥協は許さず  ひとつの作品を最高なものに持っていく連携

「Dior & I」と言うように
物事に対して 自分はどうあるべきか!
他人と比較しないで 自分の道を歩まないと!

20151229dior1.jpg

この柄は絵画からのヒントです。

20151229dior2.jpg

溜息が出るドレス(着ていくところもないけど・・)

20151229dior3.jpg

すてきでしょ~

二つ目は「武士の家計簿」

磯田道史原作 「武士の家計簿『加賀藩御算用者』の幕末維新」を
映画にしたものです。(実際にいた人物です)
代々加賀藩の財政に携わる下級武士(堺雅人)が
妻(仲間由紀恵)の支えを得ながら家族の財政
藩の財政を立て直す物語です。

子供のしつけや 親のあり方など 涙が出てきてしまう場面も多い映画
とても よかったなあ~

20151229bushinokakeibo.jpg

最後は 「神様はバリにいる」
これも 実話をもとにしています。
バリで暮らす日本人大富豪が独自の考え方で
出会った人の人生を変えていく物語です。

20151229kamisamahabariniiru.jpg

豪快ですが やっぱり 人って そこだよね~って思うことが多い映画
インドネシアのバリが好きなので
余計に 入ってくるものも多かったかもです。

夫は「スターウォーズ」を観たいみたいですが
ちょっとなんです。。。。
「バック・トゥ・ザ・フューチャー」とか未来を感じさせるのは好きですが
いまいち 物語もキャラクターも入ってこない・・・
こんなことを言うと「スターウォーズ」ファンから非難が出そうですね。
きっと 現実感があって 簡単に感情が入ってくるのがいいのかもです。

レンタルして観たDVDでした。
スポンサーサイト

PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

こんばんは

武士の家計簿
これは図書館で借りてきて読みました

映画は もう 何十年も見たこと無しです
こんど 行ってみようかな?
え~っと こちらでは
映画館がどこにあるの?
とにかく 田舎です 
恥ずかしいよ~~~

ヒロちゃん7 | URL | 2016/01/04 (Mon) 19:17 [編集]


Re: ヒロちゃん7 さんへ

> 武士の家計簿
> これは図書館で借りてきて読みました

面白いかったでしょ~
映像でみると ほんとわかり易いので
感動もし易かったです。
やはり 親の背を見て育つんですよね~
いろいろいいこといっぱい教えてもらいました。

映画館は昔はあちこちあったけど
今はショッピングモールとかに入ってしまって
解りにくいですよね。
それに 少し待てばDVDもあるから 大丈夫よ~

nanami☆ | URL | 2016/01/04 (Mon) 21:45 [編集]


 
 

トラックバックトラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)