ちょこっと Happy time

食に対する考え方を本からも

BUNSHUN ノンフィクションフェア2016 
リアルの重みの帯が巻いてあった本
最近 魅かれて手にして読んた本の紹介です。

201603tatumiyoshiko.jpg

母娘2代で食を探求してきた料理研究家の辰巳芳子さんが
各分野の第一人者さんたちと
日本の風土に適した「食といのち」について対談しています。

食に対することをもっとちゃんと考えていかないと・・・
初心に返らなければいけない!と思う本

ここでもやはり発酵食品に重みを置いて、
発酵の大切さをより思います。
スープのレシピ付もついています。
写真もカラーなので 器も食材もとても綺麗
料理本としても嬉しい一冊です。
スポンサーサイト

PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 
 

トラックバックトラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)