ちょこっと Happy time

藤城清治「光のメルヘン展」と長寿のこと 

画家が長寿の秘訣を考えてみる

桜満開の奈良地方 2016/04/03(日)は生憎 曇り空
桜の優雅さも 私の写真では うまく表現できないですけど
奈良公園の桜はこちら

20160403sakura.jpg

奈良公園興福寺側の奈良県立美術館で開催している 
「藤城清治 光のメルヘン展」に行ってきました。 
20160403kagee1.jpg

切り絵 影絵って素晴らしいです。
展示の内容は 作家の思い入れがある作品も多かったのですが
90歳を超える人生を送られてきた藤城清治氏が体験し感じたことを
作品から知ることもできます。
奈良や万葉集を題材にした作品も素敵でした。

広島の原爆作品では 平和への祈り
東北大震災の作品では 未来への期待への祈り
すべての作品に 自然からの力のメッセージを感じます。
影絵の美しさを感じに行ってほしい展覧会ですよ♡

で!藤城清治氏は92歳のご長寿でありながら
まだまだ作品を手掛けています。
画家って すごく長寿の方が多いと思いませんか?
横山大観は90歳・葛飾北斎は89歳なんですよ~(驚)
他にも 昭和の時代に活躍した日本画家もご長寿は多し
先日亡くなった水木しげるも やなせたかしも長寿です。

一方で作家さんは宮沢賢治は37歳夏目漱石は49歳
また三島由紀夫は自ら命を絶ってて 意外と短命です。

記者の田辺 香さんがおっしゃっていましたが
画家と作家は頭も心も使い方が違うとは思う。
うちでは「画家はきれいなものを見ているから」長生きする説が浮上
たしかに画家は見たものをありのままに描くこともできるが、
作家は自分の中から生み出すしかない。
そこで行き詰まって、というのがあるのだろうか。
って言ってました。

なるほど~ やはり綺麗なものをみて 
笑顔になることがいいように思います。
ブログをされる皆さま 記事をアップする際のネタ探しで
綺麗なものや 好きなものをいっぱい見て
頭の中に 幸せホルモンを作っていきましょう~
そうすることで きっと 長生きできるかも♡


スポンサーサイト

PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2016/04/04 (Mon) 21:58 [編集]


Re: 鍵さまへ

ご高齢な画家さんなので 
私たちが子供頃からすごく馴染みにある切り絵ですよね~
とっても優しい感じは癒されました。

nanami☆ | URL | 2016/04/05 (Tue) 05:27 [編集]


 
 

トラックバックトラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)