ちょこっと Happy time

ワイピオ渓谷で 初めての乗馬

ハワイ島に来たら!
やったことの無い 乗馬もやってみようと思いました。

ハワイに行くのに 水着を持って行かない旅
現地在住15年のガイドのヒロさんが
「えっ~!!!」と驚いていた。

理由は!夫が目が悪くて 海に潜ることに躊躇したのだ。
じゃあ~乗馬しましょうよ(優しい妻)
こちらの乗馬代金は$170/人 と高いのですが
レンタカーを使わなかった今回の旅では
ホテルへの送迎付きで 谷まで四駆で降りて
自分で馬を操って
渓谷の川や山道やタロ芋畑を2時間も探索するのでありますから
仕方ないかもですし 旅行なのでね。

川の中をじゃぶじゃぶ歩くし
馬ちゃんは賢いので ちゃんとはぐれないように歩いてくれますが
遅いとインストラクターさんが後ろで鞭を打ってくれるので
急に走り出してして 暴れん坊将軍にはなれなくても
ちょっと走った気分になれます。

20160715waipiojyouba9.jpg

いろんなフルーツがいっぱいのセンター
まずは 受付をします。
保障の国アメリカですので 免責事項の書類にサインです。
もちろん英語ですから ガイドのヒロさん任せです・・笑

20160715waipiojyouba3.jpg

ここから乗馬する渓谷には 四駆の車で下っていきます。
準備ができるまで ヒロさんがその辺になっている
パッションフルーツやナッツをもぎ取ったりして
食べさせてくれます。

20160715waipiojyouba2.jpg

20160715waipiojyouba4.jpg

さあ~出発 四駆の乗り込むと ぎゃあ~コブラが!!!!!
ゴムのへびでしたが それでも怖いので
取って~!!!と叫んでも 笑われるだけでした。

四駆で谷まで降りていきます。
ワイピオ渓谷はハワイの人々にとって、大変重要な聖地
なので スピチュアルパワーもいっぱい
どう!この絶景

20160715waipiojyouba5.jpg

20160715waipiojyouba6.jpg

厩舎(きゅうしゃ)で乗馬の説明
すべて英語なので全く理解できず・・・ですが
馬は群れ意識が強くて お馬さんが賢いので 
勝手に連れてってくれるようで 心配しないで出発ですう~
nanami☆のお馬さんは アランちゃん

20160715waipiojyouba999.jpg

20160715waipiojyouba7.jpg

20160715waipiojyouba9999.jpg

川の中 芋畑も通って 2時間の乗馬
森の中の植物など いっぱい教えてくれて
記念撮影もしてくれます。

20160715waipiojyouba1.jpg

日頃運動を全くしていないので いい運動になりました。
翌日はしっかり太ももとかが筋肉痛です・・笑

で!nanami☆ 動物がそんなに好きではないのであります。
でも お馬ちゃんの肌の温かさは心地が良かったです。

大自然の中の乗馬体験 良い思い出になりました。
満足満足

次は 星空観測と標高4200mでのサンライズや昴展望台など
追記にて ワイピオ渓谷の忘備録

ワイピオ渓谷の「ワイピオ」は
ハワイ語で「曲がりくねった水」という意味
この「曲がりくねった水」とは、
ワオピオ渓谷の中を蛇行しながら流れる、ワイピオ川のこと
ハワイの人々にとって、大変重要な聖地
幻想的な風景と重なり
マナ(霊力)によって、このワイピオ渓谷は守られていると信じられる。
ワイピア渓谷は、最大600メートルにも及ぶ海からの断崖に守られ
外部からこのワイピオ渓谷へ入りづらかった事から
偉大な酋長が多くこの地に葬られた地であります。

スポンサーサイト

PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

こんにちは

土曜日の朝の番組『旅サラダ』で、ちょうどハワイ島をやっていたんですよ。
もう、興味津々で観てました(^◇^)
nanami☆さまも、この辺りを歩いてみたのかもしれないなって思いながら、ね💛
本当に大自然がそのまま保存されていて、島全体が自然と仲良くしている島ですね。
nanami☆さまが行きたかったのも納得です!

カミさん | URL | 2016/07/25 (Mon) 14:34 [編集]


Re: カミさんさんへ

そうなんですか!
行った場所が映ると嬉しいですよね~
カミさんさんが 私が行ったことで興味を持ってくださって嬉しいです。
ほんと都会のオワフ島にはない自然がいっぱいで
大地のパワーを感じることができます。
都会が苦手で自然大好き人間には最高です。
また 行きたいなあ~

nanami☆ | URL | 2016/07/25 (Mon) 20:12 [編集]


 
 

トラックバックトラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)