ちょこっと Happy time

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

「あん」が映画になります。

ドリアン助川氏原作の「あん」
今度 奈良出身の河瀬直美監督で映画化される。 
主演は樹木希林さん

20150513an2.jpg

日曜日に本屋さんの前に通った時 
あんこ好きが高じてか?速攻で買ってしまった本

とても惹きつけれれる言葉から 
もの事ってそうなのかも!そう思ったらいいのか~
なんて 浮かれて読んでいると それは違っていたり・・(うふふ)
テンポも人間模様も面白いのですが
涙が出せなくなるくらい 生きる意味を考えさせられる内容です。

舞台はどら焼き屋です。
なんとなんと この本の記事を予感していたのでしょうか?
我が家には どら焼きが!
5月の連休に ママ友のんちゃんが 東京に行って
以前にも記事にしましたが あんこで有名な「空いろ」のどら焼き~

201505miyage1.jpg
(もっと 素敵に盛りたいのですが できない私・・泣)

娘のお土産も どら焼き

201505dorayaki.jpg

頭の中 あんを炊く樹木希林を思い浮かべながら
二つのどら焼きを美味しく頂く 至福の時
単純に食べる時よりも 勝手に深い!なんて思う単純ちゃんだ(笑)

ちょっと 重たい内容かもですが大事なことがいっぱいある。
すごく面白い「あん」お勧めです。

明日5月16日は結婚式で静岡に行きます。
兄弟が多いので 嬉しい場面はたくさん体験できますが
先月にも結婚式だったので 我が家の懐事情は辛いものがありますが
今回は母にも会うつもりなので 楽しみが倍増です。
奈良のお酒も用意したし 
兄弟のみなさま~お酒も楽しみに待っててね~!であります。
4時出発なので 寝ますね~お休みなさ~い

PageTop

銀座ブラしながら 企業アートを楽しむ

渋谷駅の岡本太郎氏大作「明日の神話」
ハチ公見納め!渋谷スクランブル交差点も渡ってみる!


銀ブラ!って意味知ってる
銀座でぶらぶら!じゃなくて 
銀座でブラジル珈琲を飲む!ってことなんだって
折角なので 本当の意味じゃない方の銀ぶらです。

東京駅周辺とか銀座って企業が管理や関与してるアートを
見せてくれるところがいっぱい!って知ってる?
無料ってことも すごく魅力的

有楽町にある三菱一号館美術館から歩いて銀座に行ってみます。

銀座メゾンエルメス
東京都中央区銀座5-4-1
東京メトロ 銀座駅 B7出口 JR有楽町駅 銀座口

20150315ginza1.jpg

「ゲート」 モニカ・ソスノフスカ展をしていましたが
全く理解できず・・・
結局 階下に降りながら商品にうっとりする。
バッグは無理そうだし 完璧に似合わなそうだけど
エルメスカラーの品を1品でも持ちたいものです。なんて(笑)

他にも歩いているだけで 刺激的~
(奈良にはないけど 大阪にはありそう~・・・笑)

20150315ginza2.jpg

観てもようわかんので 資生堂パーラーでも行ってみよう!
でも そこはいっぱいで
アートギャラリーに行ってみる。
東京都中央区銀座8-8-3 東京銀座資生堂ビル地下1階

狩野哲郎展 <インスタレーション> をしていました。
またまた 全く理解できませんが
本当の鳥がいて 生命と芸術?って感じでしょうか?

20150315ginza3.jpg

2015/03/15(日)銀座は歩行者天国
フジテレビの「ここ知ら!」のインタビューもしていました。
芸能人に逢わないかな~なんてキョロキョロしましたが
なかなか逢えないものですね~(期待し過ぎですが・・笑)

資生堂の後は渋谷駅の岡本太郎氏大作「明日の神話」
時間が無ければスルーって思っていたけど
のんちゃんの「何いってるの~行くわよ!!!」
了解っす~

新橋駅から渋谷駅へ
で!新橋駅で山手線に乗ったんですが
案内が内周りとか外周りって何もなくて・・・
もし 新橋から 東京へ行って廻る方向だったら ヤバイんじゃない!
ロスが嫌いなので すごく心配してしまいましたが
なんとか 希望通りに乗れてたみたい

岡本太郎氏の『明日の神話』

20150315asunenoshinwa.jpg

1968年〜1969年、『太陽の塔』と同時期に制作された
縦5.5メートル、横30メートルの巨大壁画。
メキシコの事業家からの依頼で、
新築ホテルのロビーを飾る為に依頼されたが、
ホテルの建設が途中で中止になり、作品も行方不明になっていた。
2003年にメキシコシティ郊外の資材置き場で発見されて
大幅な修復作業を経て 渋谷駅に展示されています。

すごく 迫力がありましたですう~

で!そこからみた 渋谷の交差点
やっぱり めちゃ人が多いですう~

20150315shibuyakousaten.jpg

昨夜あった学生時代の友人 早留美が
この一帯を工事するから
「ハチ公をここでみるもの最後かもよ~」って云うので
ハチ公さまにも会いに(お久しぶり~)
ハチ公さまは行き場所が決まらなくて困っているらしい

20150315hachiko.jpg

ハチ公さまとお別れて イザ!交差点出陣
無我夢中で直進してみましたが
足が遅いのもあって 信号が点滅になって ぎりぎりでした

東京行!こんな体験したいなんて へんな奴とお思いでしょうが
満足であります。
その後 渋谷ヒカリエにも行ってみたけど 普通でした(笑)

銀ぶら~渋谷 を 満喫して
この後は 恵比寿ガーデンプレス

PageTop

三菱一号館美術館  ワシントン・ナショナル・ギャラリー展

「Cafe 1894 」三菱一号館美術館併設カフェは
半沢直樹の撮影もあったんだって~!!!
to
美術館って自分の感性と重なる作品との出会いが実に心地いい!

学生時代の友人 東京在住の早留美に
三菱一号館美術館
「ワシントン・ナショナル・ギャラリー展」のチケットを頂いた。
今回の東京行はこの展覧会もメインにあったので すごく嬉しい!!
当日券は一枚 1600円もするんだもん!
「お友達の分も!」って言ってくれたから感謝感謝です

20150315mitubishibijyutukan5.jpg

20150315mitubishibijyutukan1.jpg

20150315mitubishibijyutukan2.jpg

20150315mitubishibijyutukan3.jpg

印象派の作品に酔いしれましたが
一番 心に残ったのは こちらの美術館のコレクションの
ルドンが描いた《グラン・ブーケ(大きな花束)》は
色彩がとても素敵で 心に残る作品となりました。

20150315rudon.jpg

美術館って 足を運んでみて 自分でその作品から感じるパワーを
得るのが大事って思うのですが
オディロン・ルドンはすごく何も解らない私に
「知ってくれ~」って迫ってきた感じです。

今回の東京旅 美術に関心が深いのんちゃんの影響で
いろんな作品やすばらしい絵画と向き合うことができました。
また 学生時代の友 早留美はパリのルーブル美術館でも
講義を受けたことがあるので
そこからの知識とかも聞けて本当によかったです。
いろんな方との縁で 東京行に深みがあるって感じです。

ルドンが描いた《グラン・ブーケ(大きな花束)》どう思います?

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 
早めでしたがゆったりした時間での美術館観賞をしてランチです。
のんちゃんは三菱一号館美術館に何度も来ていますが
「Cafe 1894」がいつもいっぱいで入れて無いので
今回は夢を果たしたいって 思ったみたいです。

20150315mitubishibijyutukan6.jpg

店内は明治期の銀行営業室の空間を
出来る限り忠実に再現したとあって
空間や重厚な建造物やランプに目が点になります。
ここは半沢直樹の撮影もされたらしいcafeです。
そんなにお腹も空いてませんがランチ時間なのでランチセットを
なんか やっぱりおしゃれですう~
食べたことないようなピクルスもあったよ~

20150315mitubishibijjyutukan4.jpg

さすが 天下の三菱
優雅な気分を味わえました。
みなさんは どんな美術館がお好きですか?

PageTop

虎ノ門ヒルズのアートを楽しむ

東京タワーも近くで見れて感激!
東京のランドマークの名にふさわしい!って思いましたですう~


東京2日目の朝は虎ノ門ヒルズに行ってみました。

20150315toranomonhiruzu1.jpg

なにがあるのか?全く存じないかっぺのnanami☆
のんちゃんが「行きたい」って言うので ついてゆくのみです
で!行って正解でしたあ~
アートのクオリティーと言うか 作品が素晴らしいし
こちらの雰囲気など品格は東京の日本のランドマークにしてもいいんじゃない?
なんて大げさでしょうか

ここはビジネス街 休日の9時 ヒルズは静けさが漂ってます。
ジャウメ・プレンサ氏の「ルーツ」に道魅かれて行くわたしたち
8つの言語の文字が組み合わさってできている作品です。

20150315toranomonhiruzu3.jpg

夜はこんな感じ

20150315toranomohiruzu177.jpg

20150315toranomonhiruzu4.jpg

20150315toranomonhiruzu5.jpg

男前のバリスタさんが入れてくれる有名な虎ノ門珈琲を飲んでみました。
周りはかっこいい外人さんばかり(チラチラみちゃう私)

20150315toranomonhiruzu7.jpg

20150315toranomonhiruzu6.jpg

パンフをみてみると 上階にはちがうアートあるようだ!
そこは東京に初進出したアンダーズ ホテル
泊まりもしないが 行ってみる!

まずは1Fに降りて・・・
そこには こちらの作品

20150315toranomonhiruzu9.jpg

アンダーズ ホテルへ向かいます!

20150315toranomonhiruzu10.jpg

20150315toranomonhiruzu12.jpg

いろいろなアート作品がいっぱいで わくわくしてしまいます。
外を見てみると なんと 東京タワー
私って スカイスリーは全く興味ないんですが
東京タワーがすごく好きなんです。

20150315toranomonhiruzu13.jpg

アンダーズ ホテルにお泊りできればよかったのですが
2日目のホテルはこのヒルズ近くの安ホテルにしたので
夜またここに来て東京タワーを見る。
のんちゃん!付き合ってくれてありがとう~

20150315toranomonhiruzu15.jpg

とらもんちゃん?もいます。
20150315toranomonhiruzu2.jpg

ファミマもおされ~で

20150315toranomonhiruzu8.jpg

虎ノ門ヒルズ
ここに住む人はどんな人なんだろう?
ここに働く人はどんな人なんだろう?
ラウンドマークって言うんだから
ここから未来に向けて 東京のこと 日本のすばらしい事を 
発信して行ってくれるんだろうなあ~
下っ端もあっての 先端ですが
古都奈良に住むものとして 古きも自慢ですが 
最前線がこんなにかっこいいと 気持ちがすごくいい

虎ノ門ヒルズ が どうなん?って思っていましたが
虎ノ門ヒルズ は どうよ!ってみんな薦めたくなりました。

みなさん どう?
虎ノ門珈琲以外みんな無料です(いひひ)

PageTop

フェルメールの「天文学者」を国立新美術館で

初来日 フェルメールの[天文学者]

フェルメール作品は30数点しか現存しないと数が少ないことも有名ですが
ルーヴル美術館に所蔵されるフェルメール作品は
2009年に来日を果たした「レースを編む女」と
「天文学者」の2 点のみだそうです。
そのため、常設展示に欠かせない「天文学者」は
ルーヴルを離れることがきわめて稀な作品のひとつ
この貴重なフェルメール作品を日本で堪能できると聞いて
またとない機会なので行って参りました。(6月には京都に巡回)

20150314louvre shinbi1

日本テレビが力を貸しているようです。
丁度「レースを編む女」がお出かけしていた時
ルーヴル美術館に行ったことがあるのですが
有名な門外不出の「モナリザ」を空調から警備の支援をしてるのは
日本テレビさんであることを知った私
こうしたつながりで重要な作品を日本で観ることができるんですね。

20150314louvre shinbi2

今回の東京旅は フェルメール好きもありますが
外観も美しい国立新美術館を観たかったnanami☆です。
生憎曇り空でスマホで綺麗に写せていませんが!

20150314kokuritushinbijyutulan1.jpg

20150314kokuritushinbijyutulan2.jpg

設計は黒川紀章氏ですね。
コレクションを持たない美術館なので
英語名は収蔵品を持つのが通常であるミュージーアムではなく
ナショナルアートセンター・トウキョウ 
「THE NATIONAL ART CENTER-TOKYO」を名乗っているんだって!

ですので ミュージアムショップもちょっと違いました。
紙細工の桜がすごい!
他にも 陶器・布とか作家さんの作品が面白いショップでした。

20150314kokuritushinbijyutukan3.jpg

フェルメールの「天文学者」は京都を巡回した後
モナリザのように門外不出の作品になるかも!なので
フランスまで ちょっと大変な方は
日本にいる間に見られてはどうでしょうか?

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。