ちょこっと Happy time

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

セイボリータルト

休日はたくさんタルト型を作って
セイボリータルトにして 夜はワンコインのワイン

しかし現実は・・・・・・
小さいタルト型っていっても 生地がいっぱい必要になり
こねて 少し発酵させて 焼いての手間を
何度もする気力が・・・・・
歳を重ねると言えば かっこいいけど
ただただ時間が過ぎただけの歳の身には
何度もすることに気後れする
が!お庭のフェンネルものっけて なんとかできました。

20170611taruto.jpg

夫には 不評な セイボリータルト
まだまだ あまり知名度は低いですが
東京・大阪にも 専門店ができたりしてる♡

田舎が嫌で 静岡から都会に出ることを決めた若かりし自分
自分は全く 垢抜けないけど
ハイカラな(なに時代?笑) センスあるものに魅かれてしまう。
セイボリータルトに惹かれたのも
自分の満たされていないものへの 憧れなのかもです。
もう いい歳なのに あきらめが悪いよね 笑

PageTop

梅の手仕事

梅の季節 なのに この爽やかさはなんなのでしょうか

娘家族が お友達の結婚式のために週末は帰省する。
気持ちよく 過ごしてもらうために
おふとんを干して 会社の昼休みは忘れないように取り入れる。
食事は何にしようかな?
夫に大阪でケーキ買ってきて!なんて
たった一晩しか泊まらないのにね(*´ω`)┛

日曜日は梅干しレッスンをします。
漬ける塩も 紅麹塩を使うので 
とっても体に優しい梅干しができそうです。

20170611umeshigoto.jpg

梅干し作りの前に 梅の酵素シロップもつくりました。
この時期は 梅雨の心地よさの中で
梅の香りに包まれて 手仕事

会社勤務の中で バタバタもがきながらも
人を迎える支度や
季節の手仕事は 楽しいものです。
誰かがいてくれるから がんばれる
ありがたいことです♡

PageTop

結婚の基準

夫の従姉のみっちゃんは 夫にとって
本当のお姉ちゃんのように仲良しなの
みっちゃんの娘のさっちゃんの結婚式にお招きされて
2017/06/10(土)名古屋に行ってきました。

従姉の子供は自分とはどう言ったらいいんでしょう!
調べたら いとこ違い・従姪(じゅうてつ)らしいです。
自分はすっかり叔母感覚で姪みたいな さっちゃんの結婚パーティ

最近は30歳過ぎても結婚しない方は多いです。
男性への結婚相手の基準は4低です。
「低依存」「低姿勢」「低燃費」「低リスク」
昔は3高でしたけど(いつの時代じゃ?ですよね・・笑)
 3安(三安)と言われる「安らぎ」「安定」「安心」もあるそうですよ!
これは 3高の結果のような感じもしますが・・
3手と言われる「手を取り合う」「手伝う」「手をつなぐ」とか
今も昔も 結婚して求めているものは基本 同じような気がします。
求めていることを実現するのは お互いの思いやり
いろんなことがあっても 思いやる気持ちで永遠の愛を築いて欲しいものです。

名古屋は快晴でした。

20170610nagoya1.jpg

20170610nagoya2.jpg

前菜

20170610nagoya5.jpg

メインまでのいろいろ デザートとか載せていたら
見る方もつらいのでこの辺で・・笑
和洋のフルコースは めちゃリッチ♡
どんだけ出ますねん?で完食できず・・(ごめんなさい)
その分 飲んじゃったかもです(酒飲みだもの~あいだみつお なんて!)

20170610nagoya6.jpg

こんなに可愛いスプーンも♡

20170611nagoya7.jpg

今回の結婚式 二人の性格柄なのでしょう
とても 落ち着いた素敵なものでした。
素敵な場面に立ち会えるって 幸せなことです。
まだ 息子が結婚していませんので
早く 母に 幸せシーンを~!!!って思いますが
息子に この手の話しをすると めちゃ 鬱陶しがれます。
だけど このまま人生を送ってしまいそうで 悩みます。
この先 どうなるんでしょう~


PageTop

イタリアンでランチが好き

なんかね イタリアンの雰囲気が好きです♡
お出かけ先 昼何食べる?となると 
パスタとかの口になってしまっている私

奈良県生駒市東生駒月見町138
「石窯ピッツァ&炭火焼イタリア料理 アルナッジョ」
前回 いっぱいで入れれなかったので
リベンジで行ってきました。

店名のアルナッジョは「月への着陸」の意味があって
住所が月見町なので この地に上陸!って意味もあるそうです。

お店の奥はルーフテラスになっていて
窓の向こうの小山の緑が目を和ませてくれます。
家族 カップル もちろん おひとりさまも
美味しく頂ける雰囲気のお店

隣のお席では お誕生日でお祝いをしてて
カジュアルな楽しそうな雰囲気は 
余計にランチを美味しく頂けちゃった感じです♡

ランチセットのスープは ゴボウの冷製
少量でも しっかり味わえるお味です。

20170603pasuta1.jpg

ここの自慢は ピザ
いつもは小食(なのに この巨体・・)ですが
パクパク頂けちゃいます♡

20170603rasuta2.jpg

相方はトマトパスタしか食べない トマトソース萌え男なので
もちろん トマト味で

20170603pasuta3.jpg

美味しかったなあ~
深い意味もなんもなく
イタリアン食べてきました!でした。

PageTop

リゾート・フィー知ってる?

計画を立てる人 任せて付いて行きますの人
貴方はどちら派ですか?

私は旅の計画を立てるのが好きなので
あーでもない こーでもない
仕事をしていると 私世代の性分もありますが
有給はあっても 取りにくい
したがって また行けるか解らないなら ロスなくしたい。
結局 セカセカした旅になってしまいます。

来月のハワイは兄弟夫婦3家族
計画好きな私にすべて任せてくれてます。
タイムスケジュールもお店のHPを貼ったりして
「こんな店にいくよ~」「予算はこのくらい!」とか
オプションを頼んだりと 必死のパッチです。
無駄な時間を省きたいもありますが
ハワイはリゾートなので のんびりビーチライフも楽しみながら
思い切り異国を感じ また 行こう!と思うような旅計画
なによりも 行ってよかった!と思ってほしい一心

計画の中で 初めて知ったリゾート・フィーのこと
Resort Feesは、アメリカのハワイやフロリダなどのリゾート地のホテルで
室料やホテル税、州税とは別に徴収される料金のことで
日本語でなら、「施設使用料&サービス」ようなものです。
確認していないと 1部屋一泊$10~$50(ホテルによって違う)くらいかかるから
のんびりリゾート気分でチェックアウトの時に
ひゃ~!!!!!!ってことになります。

申込はフリープランのツアーです。
ツアーは含まれていることが多いですが
確認必須です。今回も確認しましたら含む!なので安心
でも
私の姉は すべてお任せ派 
買い物もどうしたらいいか解らない人なので
この説明をしたところで 頭に入らないだろうから
姉には 言わないことに 笑
なんとなく 送ったスケジュール表も見てない感じだし (苦笑)

旅はハプニングがあると より想い出に残ったりしますが
無知で 損した気分は 嫌な思い出になりそう~
そこは回避したいよね♡

いろいろ未知なことを体験する訳ですが
貴方は どんな立場で参加します?

沖縄で撮った アダン
昔は食用で食べていたみたいです。

20170520adan1.jpg

ではでは 

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。